Home
Stores
Blog
About
神奈川県開成町 あじさいまつり 2023年6月10日(土)~6月18日(日)
神奈川県開成町 あじさいまつり 2023年6月10日(土)~6月18日(日)

2023/06/10 Sat

FUSEKIDO Ohyama wrote

201  Views
開成町に引っ越してきて、早3か月目を突破しました。
ここ開成町は山に囲まれ、酒匂川が流れる自然豊かな場所です。
開成町は昭和52年にあじさいが町の花として認定され、駅前や公園にはあじさいが植わっております。

あじさい(紫陽花)は日本原産の落葉低木で、花の色は土壌の酸性度によって変わります。6、7月に開花し古くから人々を魅了してきたが、有毒植物なので、きれいだからと言って食べるのは避けよう。
1年に1回、開成町が大きな賑わいを見せるのが、このあじさいまつりといっても過言ではない。(まだ3か月しか住んでいない)
このイベントまでに町の広報誌にはイベント情報が掲載されていましたし、開成駅前にも1週間前からイベント告知のポスターや、オブジェが置かれておりました。

町をあげてのイベント、参加しない手はありません。
ということで、6月10日初日。早速行ってきました!
20230610_s_1.jpg
開成町 あじさいまつりでの紫陽花
天気は晴れ。あじさいまつりのイベント会場へは、開成駅からのシャトルバスが出ています。
20分に1本程度、大人220円 ICカード対応のバスに乗れますが、結構込み合います。
おおやまが乗ったバスは10時50分でしたが椅子は空いておりません。

バスはメイン会場から5分程度離れた場所につきます。
会場につくと、田園に沿ったあじさいが広大に広がります。
ひまわり畑のように一か所に集中して植えられているのではなく、田畑の間の小道にあじさいが間隔を保って植えられている。
山、田畑との対比が美しく、開成町の魅力を感じるのに最も適したイベントであると思います。
20230610_s_2.jpg
あじさいまつりを楽しむ おおやま
会場一周すると、結構な距離になります。スマホの歩数計で3-4000歩にはなりました。
あじさいの他、キッチンカーや吹奏楽、阿波踊りのイベントもあって盛り上がっていました!
20230610_s_3.jpg
開成町の大きなイベントであるあじさいまつり。多くの人々が関わる
これだけ大きなイベント、たくさんの方々が関わっており、相当な準備期間があったのかと思います。
あじさいの剪定はもちろんのこと、場所の確保と整備、出店業者との調整、駐車場整備、告知などなど。そうした企画と運営の人たちを支援する方法は、そのイベントに参加して楽しむ。これに尽きると思います。

是非あじさいまつり。遊びに来てくださいね。イベント詳細はこちらにあります。
その他のブログはこちら
新江ノ島水族館 神奈川県藤沢市
2024-02-21
カプリチョーザ 神奈川県江ノ島店
2024-02-18
ロウバイまつり 神奈川県松田町
2024-01-28
魚がし鮨 静岡県伊豆の国市 大仁店
2024-01-21
満天 神奈川県大井町
2024-01-14
和風レストラン 喜左衛門 神奈川県小田原市
2024-01-08
Written by

FUSEKIDO おおやま

1990年生まれ千葉県出身 神奈川県在住
東京理科大学工学部卒業後、都内IT企業勤務を経て、筑波大学大学院で制御アルゴリズムを研究。現役メーカーエンジニア
特技は料理、英語、プログラミング
常にどんなネタでブログを書こうか考えており、それが精神的にリラックスできるのだと本人は言う。