Home
Stores
Blog
About
中国から3Dプリントした試作品が届いたぞ!
中国から3Dプリントした試作品が届いたぞ!

2023/12/10 Sun

FUSEKIDO Ohyama wrote

130  Views
こんにちは。FUSEKIDOでは簡単なプログラミングカーを作成しています。
今回はついに、中国から3Dプリントした試作品が届いたので、紹介します。 どうやらプラモデルっぽい製品はすぐに終わったようだが、タイヤの方は時間がかかっていた模様。
前の記事で、紹介したのだが、タイヤはとてもじゃないけどタイヤの形をしていなかった。
でもメーカーがいうには、「もっと丁寧に作るわ~」といっていて、丁寧にやったらできるんかな、大丈夫かなと思っていた。
FedExで中国から3日ぐらいで到着した。早い
FedExで中国から3日ぐらいで到着した。早い
そして届いたのが、この小包。実際は送ってもらう前に、出来上がったものの写真をもらっていた。
タイヤに関しては、「丁寧にやるわ~」の次元を超えて、もう別ものじゃないか、という完成度を誇っていた。
厳重に梱包されている
厳重に梱包されている
今回プリントしたものはプラモデルのように各部品に、手で折ってききれるように細い樹脂を付けている。
試作品なので、輸送過程の衝撃で樹脂が折れても問題ないと考えていたのだが、杞憂に終わった。
かなり厳重に梱包されており、衝撃による破損とは無縁だ。
作品には厚い樹脂板が敷かれており、衝撃から守られている
作品には厚い樹脂板が敷かれており、衝撃から守られている
タイヤはゴム系の3Dプリントと聞く、ゴムのように摩擦があるわけではないが、弾力はゴムそのもの。なんといってもデザインしたそのものがゴム系になって印刷されてくることに達成感を感じる。
これが3Dプリントかよ。。と思うほど精緻な完成度
これが3Dプリントかよ。。と思うほど精緻な完成度
そしてこの樹脂部品。
業務用の光造形で作る3Dプリントのようだが、射出成型したんかよ。。と思われるほど精緻な仕上がりであった。
まだ図面との誤差は計測していないのだが、3Dプリント特有の積層が感じられなかった。

さすが業務用の3Dプリンターといったところだろうか。

どうやら中国の現地自動車メーカーの樹脂部品の製造を担当しているとのことだ。
そのような大口の顧客を抱えるメーカーが個人向けにプロ品質で仕上げてもらった。
それを実現したのがAlibabaというプラットフォーム。日本にはこうしたプラットフォームがあるのだろうか。

すでに中国製の安かろう悪かろうの時代は終わった。
今回の3Dプリントにはそれなりの金額がかかっており、質の良いものを提供してもらった。
さらには、データを送付すれば何かしらのケチが付くと思いきや(この形状は細くて心配だ。など)、いっさいなしでやってのけた。

メーカーからすると、日本人向けのプラモデルとゴム系タイヤの試作というノウハウを獲得したことになる。
これまで人件費の安価さで勢いをつけた中国メーカーが、Alibabaによってさらに力をつけるだろう。
その他のブログはこちら
ぐみの木近隣公園と開成駅前公園の桜
2024-04-07
そば処 やべ 静岡県富士宮市
2024-03-31
つけ蕎麦 中華そば 尚念(しょうねん) 長野県松本市
2024-03-29
武蔵野うどん 竹國(たけくに) 埼玉県狭山市
2024-03-08
元祖名物そば 神奈川県小田原市
2024-03-03
新江ノ島水族館 神奈川県藤沢市
2024-02-21
Written by

FUSEKIDO おおやま

1990年生まれ千葉県出身 神奈川県在住
東京理科大学工学部卒業後、都内IT企業勤務を経て、筑波大学大学院で制御アルゴリズムを研究。現役メーカーエンジニア
特技は料理、英語、プログラミング
常にどんなネタでブログを書こうか考えており、それが精神的にリラックスできるのだと本人は言う。