Home
Stores
Blog
About
柏の葉蔦屋書店 千葉県柏市
logo of the-clo
柏の葉蔦屋書店 千葉県柏市

2024/01/05 Fri

FUSEKIDO Ohyama wrote

48  Views
2022年末はコロナにかかっていたため、年末に実家のある柏に帰るのは2021年末以来だ。
千葉県柏市は千葉の北西部に位置している都市。どうやら最近は都内へのアクセスもよいので、注目されている都市になっているそうだ。
確かにJR柏駅前にはタワマンが立ち並ぶ。昔はこんなにおしゃれな街ではなかった。個人店が乱立していて、割とどの路地もうす暗いイメージであった。特にラーメン屋ひむろ辺りはどこか近寄りがたい雰囲気があったが、目の前にはタワマンが建ち、そのタワマンの1階は飲食店になっており人々が往来しやすい。タワマン周辺もモダンな雰囲気となった。
柏の葉蔦屋書店 書籍の多さに圧倒される
柏の葉蔦屋書店 書籍の多さに圧倒される
それでもJR柏駅前の再開発は割とスローに進行したと感じる。
変化が著しいのは、柏の葉キャンパス駅だ。
つくばエクスプレス線が通ってからというもの、柏の葉エリアは三井不動産が腕をふるっている。
私が大学生くらいのときはららぽーとしかなかった印象だが、いつの間にかタワマンが4棟くらい建っている。あまりの巨大建築物と、建物間のスペースの小ささから、香港の九龍を彷彿とさせる。

そんな柏の葉エリアで一際目を引くのが、16号沿いに佇む柏の葉蔦屋書店であろう。
柏の葉蔦屋書店 2Fはキッズ書籍の他、知育玩具もある
柏の葉蔦屋書店 2Fはキッズ書籍の他、知育玩具もある
ここはほとんど満車で車でのアクセスは難しい。ただ年末には訪問することができた。
書店であることはもちろんのこと、中には千葉県産の特産物を扱うお店や、スターバックス、試し読みスペースが確保されている。
ここの書店が特徴的なのが、コーヒーを飲みながら試し読みができること。そのほかデザイン系の本が充実していた印象である。
また、訪問した2023年12月末には、BYDの試乗予約イベント(ポップアップストア)があり、車の展示があった。主催は越谷のBYDとのこと。柏にはBYDのディーラがないので越谷店の主催なのだろう。
柏の葉蔦屋書店でBYDのポップアップストアが企画されていた
柏の葉蔦屋書店でBYDのポップアップストアが企画されていた
モダンな雰囲気と膨大な書籍によって一日中時間がつぶせそうな空間である。蔦屋書店を含めて柏の葉T-SITEと呼んでいるようで、他の施設にも訪れたくなる。

今後も柏のプレゼンス向上と活性化を願う。
その他のブログはこちら
新江ノ島水族館 神奈川県藤沢市
2024-02-21
カプリチョーザ 神奈川県江ノ島店
2024-02-18
ロウバイまつり 神奈川県松田町
2024-01-28
魚がし鮨 静岡県伊豆の国市 大仁店
2024-01-21
満天 神奈川県大井町
2024-01-14
和風レストラン 喜左衛門 神奈川県小田原市
2024-01-08
Written by

FUSEKIDO おおやま

1990年生まれ千葉県出身 神奈川県在住
東京理科大学工学部卒業後、都内IT企業勤務を経て、筑波大学大学院で制御アルゴリズムを研究。現役メーカーエンジニア
特技は料理、英語、プログラミング
常にどんなネタでブログを書こうか考えており、それが精神的にリラックスできるのだと本人は言う。