Home
Stores
Blog
About
元祖名物そば 神奈川県小田原市
logo of the-clo
元祖名物そば 神奈川県小田原市

2024/03/03 Sun

FUSEKIDO Ohyama wrote

119  Views
大井町から小田原につながる国道255号。ここはチェーン店、個人ラーメン店がひしめき合うグルメストリート。

その一角に名物そばがある。

この私が住む開成町周辺は、蕎麦屋と検索すると近辺10件程度ヒットするだろうか。人口に対しては明らかに店舗数は多いように思える。おそらく水がよいからであろうか。引っ越し初めの時は浄水器いらずでお水が飲めるのだから驚いたものである。 広い店舗に蕎麦、かつ丼定食で1,000円ちょっとでいただける名物そばは、かつ丼のクオリティが高く、しばしばかつ丼を食べに訪れていた。もちろんかつ丼は蕎麦のサイドメニューであり、そばのおいしさも十分に理解していた。
元祖名物そば 力そば
元祖名物そば 力そば
前日にチェーン店のとんかつを食べた翌日、今度は名物そばの蕎麦単品を楽しみたい。

いつもそば、うどん屋で食べるものと言えば肉うどん、肉そばといった重量感のあるものを注文していた。この日は前日に揚げ物をたべていたので、人生初なのではないかと思われる「力蕎麦」を注文した。

力蕎麦というものがどんなものか認識していなかった。他のメニューに肉蕎麦があるところをみると、肉ではないなにか重量感のあるものがでてくることは想像がついた。
元祖名物そば 肉そばも、もちろんおいしい
元祖名物そば 肉そばも、もちろんおいしい
でてきたお蕎麦は温かいそばに焼き立てのお餅が2つついたものであった。

なるほど、これなら腹持ちがよい。(実際、蕎麦は食物繊維が多く、腹持ちがよいはずなのだが)

名物そばのお餅は七輪で焼いたように、香ばしさをもつ。

そばの出汁と餅のおこげの相性の良さは、水と魚のよう。いつでも切り離せない関係であると感じた。
元祖名物そば 肉そば  力そばと肉そば。どちらも食う者を魅了する
元祖名物そば 肉そば 力そばと肉そば。どちらも食う者を魅了する
このパリッとしたお餅のおいしさは、おこげのあんかけに通じるものがありそうだ。出汁の効いたつゆに香ばしさが加われば弁慶に薙刀ではないだろうか。

いつも肉蕎麦ばかり食べていないだろうか。たまには力そばで英気を養うのもよさそうだ。
その他のブログはこちら
ながはま特設市 静岡県熱海市
2024-05-19
備長グリル もん 神奈川県開成町
2024-05-12
来来亭 小田原成田店 神奈川県小田原市
2024-05-06
北アルプス牧場 長野県安曇野市
2024-05-05
京城苑(けいじょうえん) 神奈川県小田原市 ダイナシティ
2024-04-21
ぐみの木近隣公園と開成駅前公園の桜
2024-04-07
Written by

FUSEKIDO おおやま

1990年生まれ千葉県出身 神奈川県在住
東京理科大学工学部卒業後、都内IT企業勤務を経て、筑波大学大学院で制御アルゴリズムを研究。現役メーカーエンジニア
特技は料理、英語、プログラミング
常にどんなネタでブログを書こうか考えており、それが精神的にリラックスできるのだと本人は言う。