Home
Stores
Blog
About
丼万次郎 神奈川県小田原市
丼万次郎 神奈川県小田原市

2023/04/16 Sun

FUSEKIDO Ohyama wrote

392  Views
English ver.
お久しぶりです。fusekidoのおおやまです。
23年3月末をもって、4年間住んだ栃木県上三川町から引っ越しまして、神奈川開成町に住み始めました。
当ブログは新たに、神奈川小田原エリアを周辺にブログを書いていきます。
これからもよろしくお願いします!

せっかく海の近くに引っ越してきたので、小田原の地魚を食べたい。
Google Mapにて「海鮮丼」と検索すると、たくさんのお店がヒットします。
栃木も海なし県にもかかわらず、たくさんのお寿司屋さんがヒットしますが、さすが海あり県。お魚を出すお店が多いようです。
その中でも1200件近くのレビュー数を誇る。「丼万次郎(どんまんじろう)」。
ザクロ神奈川編初のお店紹介と致しました。

訪問したのは23年3月下旬の平日、さらに11:30頃とランチタイムの中でも早めに入ることで、混雑を避けたはずでしたが、すでにお店はほぼ満席状態です。
県外ナンバー車も多く、観光客も訪問していると思われます。

お店に入ると、忙しいにも関わらず、すぐに受付の方がいらっしゃり案内してくれました。

メニューは海鮮丼の他、天ぷら、寿司、カレーまでもありますが、なんといってもおすすめは小田原で採れた魚をふんだんに使った「小田原地魚多め5色丼」ではないでしょうか。オーダーすると、目の前のコンベアからお料理が運ばれてきます。

この5色丼は季節の魚が入るとのことです。

光物中心とした海鮮丼で、お刺身の艶から鮮度の良さが伝わってきますね。
海鮮丼というと、マグロやいくら、サーモンなど赤みの刺身できらびやかにするのもよいのですが、この「地魚多め5色丼」は近海で採れたお魚だけを用いている感じがとてもよいですね。
特にブリとアジは絶品です(どちらもアジ科)。小田原沖でもよく採れるようです。
この内容で税込み1210円でした。このクオリティ、ボリュームでこの価格なら、多くの方に支持されているのも頷けます。今度は刺身定食もいただいてみたい。
丼万次郎 5色丼 2023/7/2追記
丼万次郎 5色丼 2023/7/2追記
2023年7月2日(日)追記します。 13時というランチタイムとしては遅めに訪問しました。この時間であれば店前の駐車場にも難なく停められます。

待ちは10組でしたが、20分程度で呼ばれました。

この日の五色丼はシラスがのっていました。想像するシラスの二回りぐらい大きく、見ごたえがあります。
丼万次郎 鰺の握り5貫 2023/7/2追記
丼万次郎 鰺の握り5貫 2023/7/2追記
また、アジの握りも頼んでみます。
およそ700円でぷりぷりした味の握りがいただけるので、アジ好きであればぜひ試してください。
今のところここ以上に鰺のにぎりがおいしいところを知りません。
丼万次郎 5色丼 2023/12/27追記
丼万次郎 5色丼 2023/12/27追記
2023年12月27日 追記
小田原の海鮮丼のレベルの高さを教えてくれた丼万次郎。2023年の食べ納めをしてきました。
平日の13時ごろ伺ったためか、待ち時間なく席につけました。
新鮮な地元のお刺身をリーズナブルな価格でいただける。丼万次郎さんに感謝!
丼万次郎外観 神奈川県小田原市
丼万次郎外観 神奈川県小田原市
その他のブログはこちら
新江ノ島水族館 神奈川県藤沢市
2024-02-21
カプリチョーザ 神奈川県江ノ島店
2024-02-18
ロウバイまつり 神奈川県松田町
2024-01-28
魚がし鮨 静岡県伊豆の国市 大仁店
2024-01-21
満天 神奈川県大井町
2024-01-14
和風レストラン 喜左衛門 神奈川県小田原市
2024-01-08
Written by

FUSEKIDO おおやま

1990年生まれ千葉県出身 神奈川県在住
東京理科大学工学部卒業後、都内IT企業勤務を経て、筑波大学大学院で制御アルゴリズムを研究。現役メーカーエンジニア
特技は料理、英語、プログラミング
常にどんなネタでブログを書こうか考えており、それが精神的にリラックスできるのだと本人は言う。