Home
Stores
Blog
About
長野県野尻湖 バス釣り
長野県野尻湖 バス釣り

2023/06/03 Sat

FUSEKIDO Ohyama wrote

175  Views
私が通っていた小学校には、ビオトープがあり小川と小さな丘があった。生物空間と訳されるのだが、当然教育な意味を持ち、ビオトープ内の生物が廊下やクラス内に掲示されている。 そこの小川にはメダカが生息していた。人工的な空間なので、メダカは購入してきて放流したものであろうが、メダカという生き物を初めて知ったのはこのビオトープであり、その小さいながらも魚の姿を呈して、優雅に泳ぐ姿に魅了されたものだ。 ある日そのビオトープにブラックバスが放流されてしまい、メダカが全滅したと大ニュースになった。 ブラックバスとはなにか。クラスにはブラックバスの写真が貼られ、まさに指名手配犯のような扱いを受けていた。ブラックバスはその旺盛な食欲から、既存の生態系を破壊するということを知った。 ビオトープにはメダカとカエル、それを捕食する鳥(白鷺)という生態系を成していた(白鷺を知ったのもこのビオトープであり、白鷺が来た時には教員たちも驚き、騒ぎになっていたのを覚えている)。

小川を泳ぐメダカを見ては皆で歓喜したものだが、その小川には突如現れたブラックバスによって破壊された。おそらく誰かが放流したのだろう。ビオトープは完成後すぐに閉鎖となり、あれだけ児童を集めた学校肝いりの教育的スポットは影を潜めてしまった。


それからというもの、ブラックバスは外来種の忌み嫌われているものというイメージが刷り込まれていた。

しかし長野県野尻湖に関しては例外のようである。

野尻湖は大物のスモールマウスバスが釣れることで有名だ。スモールマウスがあるのであれば、ラージマウスバスというのもいる。だが、スモールバスの方が、引きが強くゲームフィッシングにおいては人気が高い。

また、スモールバスは綺麗な水を好むため、その自然環境の状態を知るためのインジケーターにもなっているという。
20230603_s_1.jpg
野尻湖にはスモールマウスバスの強烈な"ファイト"を求めて人が集う
野尻湖のバス釣りには禁漁日と禁漁区域が設けられており、バスは手厚い保護を受けている。また野尻湖ではワカサギ釣りも可能だ。

ワカサギ釣りを提供しながら同時にバス釣りができるというのは、食うものと食われるものを釣り上げるということ。結局野尻湖の生態系を掌握するのはヒトということなのか。


バス釣り解禁期間の土日、野尻湖はバスを求めたヒトで、沿岸のみならず貸出ボートも全て出払うほどの活況だ。
バスは生態系破壊する厄介者ではなく、ここ野尻湖では貴重な観光資源なのである。


つづく。
その他のブログはこちら
新江ノ島水族館 神奈川県藤沢市
2024-02-21
カプリチョーザ 神奈川県江ノ島店
2024-02-18
ロウバイまつり 神奈川県松田町
2024-01-28
魚がし鮨 静岡県伊豆の国市 大仁店
2024-01-21
満天 神奈川県大井町
2024-01-14
和風レストラン 喜左衛門 神奈川県小田原市
2024-01-08
Written by

FUSEKIDO おおやま

1990年生まれ千葉県出身 神奈川県在住
東京理科大学工学部卒業後、都内IT企業勤務を経て、筑波大学大学院で制御アルゴリズムを研究。現役メーカーエンジニア
特技は料理、英語、プログラミング
常にどんなネタでブログを書こうか考えており、それが精神的にリラックスできるのだと本人は言う。