Home
Stores
Blog
About
横浜中華街 神奈川県横浜市
横浜中華街 神奈川県横浜市

2023/07/02 Sun

FUSEKIDO Ohyama wrote

257  Views
1858年に締結された日米修好通商条約に基づき、横浜が開港されて以降、欧米人と共に中国から人々が渡ってきた。香港などの西洋商館で働いていた人々は、西洋の言語を話すことができ、開港して欧米人が押し寄せた横浜において、重要な役割を担ったそうだ。

今や横浜観光のハイライトの一つとして数えられ、連日多数の観光客が訪れる人気スポットであるが、そこに至るまでは大変な苦労があり、お互いに戦争をしていた時期や、空襲の被害を受けたこともあった。1972年の国交正常化に伴って、多くの人が中華街に足を運ぶようになった。
横浜中華街に行くと、人々の生活がある。
ここには住居があり、学校があって、中国にルーツを持つ方々向けの飲食店がある。
この奥深さが横浜中華街の魅力であると私は思う。

実はおおやまは個人で6回ほど中国を旅している。
中国旅行の最大の楽しみと言ったら、食にある。
マンションの1階に並んだローカル向けの飲食店に、指差しで注文して、テーブルに運ばれてくるまでどんなものかわからない。日本になじみのある中華料理だからこそ、現地での味付けは気になるところなのだ。
横浜中華街でディープなお店をまわろう
横浜中華街でディープなお店をまわろう
そこでここ横浜中華街でも、少し踏み入った楽しみ方をしてみよう。
メイン通りの焼き小籠包を食べるだけではもったいない。

中華街大通りから上海路に入ってすぐ。伍福寿新店の店頭には茶葉が置かれている。鉄観音、ジャスミン、ウーロン茶。どれもスーパーでは手に入りにくい。価格もかなり手ごろなことから、店内に入ってみる。
お茶以外にも乾物が置かれているが、店内の8割はお茶が敷き詰められている。ウーロン茶だけでも20種類はあろうか、高級茶からリーズナブルなお茶までいろいろそろっている。
店主から、「なにかあったら言ってね」とやさしく声を掛けられお茶を選ぶ。
家にはまだ封がしてある緑茶があるのだが、もの珍しいウーロン茶の前に、どうしても飲みたくなってしまった。
175gで500円。もっとも廉価なウーロン茶を買って家で飲んだが、これがおいしい。
緑茶と違って、ウーロン茶の味は強いので、ラフに飲んでよいのではと考えている。店主からも沸騰水を注いでよいと伺ったので、茶葉を不織布のティーバッグに入れて、抽出する。最近は茶葉を入れられるティーバックが100均にも売っているので、ぜひ試してほしい。
伍福寿新店 烏龍茶(茶葉)
伍福寿新店 烏龍茶(茶葉)
伍福寿新店の店主においしいお店はないかと伺うと、同じ通りの許厨房によく行くとのこと。 早速伺うと、ランチの時間帯を外しているにも関わらず、地元の人がお酒を飲みながら、おいしそうなお料理を食べているではないか。
こちらでは牛バラ刀削麺、油淋鶏、水餃子を頂く。これがどれもとても美味だ。
刀削麺は牛骨の出汁ともちもちした刀削麺。牛バラもゴロゴロ入っている。
油淋鶏は骨付きの鶏肉を使い、衣は薄め。このため鶏皮が香ばしく、パセリのみじん切りが入ったソースとの相性もよい。
そして水餃子は角切りの豚肉が入り、もちもちの皮と肉汁が飛び出る餡で何個でもいける。
許厨房 油淋鶏
許厨房 油淋鶏
横浜中華街が人を惹きつけ続ける所以は、メイン通りの華々しいお店のみならず、路地で質実剛健なお店たちがひしめき合っているのが、中華街に奥深さを与え、冒険心を掻き立てるからであろう。
私が住む開成町からは横浜中華街まで1時間程度かかるのだが、この中華街が形成されるまでの歴史や、人々の生活、商いの様子などを噛みしめるため、再度この空間に身を置きたい。
許厨房 牛バラ刀削麵
許厨房 牛バラ刀削麵
その他のブログはこちら
新江ノ島水族館 神奈川県藤沢市
2024-02-21
カプリチョーザ 神奈川県江ノ島店
2024-02-18
ロウバイまつり 神奈川県松田町
2024-01-28
魚がし鮨 静岡県伊豆の国市 大仁店
2024-01-21
満天 神奈川県大井町
2024-01-14
和風レストラン 喜左衛門 神奈川県小田原市
2024-01-08
Written by

FUSEKIDO おおやま

1990年生まれ千葉県出身 神奈川県在住
東京理科大学工学部卒業後、都内IT企業勤務を経て、筑波大学大学院で制御アルゴリズムを研究。現役メーカーエンジニア
特技は料理、英語、プログラミング
常にどんなネタでブログを書こうか考えており、それが精神的にリラックスできるのだと本人は言う。