Home
Stores
Blog
About
山梨県甲州市勝沼のブドウ狩り
山梨県甲州市勝沼のブドウ狩り

2023/09/17 Sun

FUSEKIDO Ohyama wrote

85  Views
今住んでいる神奈川県開成町は、神奈川県の西部に位置する。
神奈川県に隣接する、山梨県、静岡県へのアクセスがよい。

今回は足を延ばして、山梨県にくだもの狩りに行こう。
山梨県と言えば、果物の一大産地である。
日照時間と昼夜の寒暖差が大きい山梨県はおいしい(あまい)果物が採れるのだそうだ。

よく寒暖差がおおきいと果物、野菜が甘くなるというが、これは昼に光合成した植物は、夜になると光合成ができず、呼吸のみ行う。この呼吸にはエネルギーを消費するのだが、夜に温度が低いと、植物のエネルギー消費が控えられる。光合成で得たエネルギーは夜の呼吸によって消費されない。このエネルギーが糖分であるので、甘くなる。という仕組みなのだそうだ。
山梨県甲州市勝沼 いたるところにブドウ園が広がる
山梨県甲州市勝沼 いたるところにブドウ園が広がる
今回は山梨県甲州市勝沼の富岳園さんに伺った。
この勝沼というエリアはブドウ畑がいたるところにある。国道を走るだけで両サイドにぶどう園。山梨県がフルーツ大国たる所以を感じることができる。

下調べもせずに富岳園さんにうかがったのだが、この時期はシャインマスカット狩りができるのだという。
シャインマスカットといえば、贈答用にも人気が高い、大粒のマスカットだ。それが食べ放題。
ブドウ畑の合間を縫っていく
ブドウ畑の合間を縫っていく
軽バンに乗り込み、ブドウ畑の合間をぬっていく。一面のブドウ畑を通り過ぎた先には、数々のシャインマスカットがぶら下がった畑につく。

だいたいひと房800-900gだろうか。ぶどうの木自体はかなり細くて貧弱そうなのだが、天井に張り巡らされた格子にブドウの枝がつたっている。
格子の網目からブドウがぶらさがっているのだが、ここまでファットなブドウがひとつの木から何個実を着けているのだろうか。
これも農家の方々の念入りな手入れ、豊かな土壌、恵まれた天候、ぶどうという植物の存在、それを品種改良してきた研究者たちによって作り出されたもの。果物一つ作り出し、提供するというのは消費者が見ることのない並々ならぬ努力あってのことなのだ。
シャインマスカット狩り
シャインマスカット狩り
大粒でジューシーなシャインマスカットは一つ食べれば満腹になる。しかしおいしそうな果物を目の前にしてひと房でよいのだろうか。2房目に手を付けた。

シャインマスカットは白みかかったほうがおいしいとされる。
2房目はそれこそ緑というよりは、黄色に近いものを選択した。これがとてもあまい。
見た目で言うと緑のほうがマスカット感があって、きれいだろうか。しかし味は薄い黄緑の方があまい。
大粒のシャインマスカット
大粒のシャインマスカット
シャインマスカットをたらふく食べた後は、ほうとうを食べよう。
山梨のほうとうは小作さんでもいただいているが、野菜の出汁がしみ込んだつゆと、こしのある麺ですっかりファンになってしまった。
歩成(ふなり) ほうとう 山梨県山梨市
歩成(ふなり) ほうとう 山梨県山梨市
今回は歩成(ふなり)さんでいただいた。根菜ときのこの出汁と豚肉の油が合わさっておいしい。
とくにきのこの出汁が特徴的と感じた。新鮮なきのこを使用しているのだろうか、出汁はもちろんのこと、キノコ自体も弾力がある。

栃木に住んでいた時も思ったが、やはり生産地にはおいしいものがおおい。
農作物、畜産の生産地である山梨県、まだまだおいしいものがありそうだ。
歩成(ふなり)山梨県山梨市 外観
歩成(ふなり)山梨県山梨市 外観
その他のブログはこちら
新江ノ島水族館 神奈川県藤沢市
2024-02-21
カプリチョーザ 神奈川県江ノ島店
2024-02-18
ロウバイまつり 神奈川県松田町
2024-01-28
魚がし鮨 静岡県伊豆の国市 大仁店
2024-01-21
満天 神奈川県大井町
2024-01-14
和風レストラン 喜左衛門 神奈川県小田原市
2024-01-08
Written by

FUSEKIDO おおやま

1990年生まれ千葉県出身 神奈川県在住
東京理科大学工学部卒業後、都内IT企業勤務を経て、筑波大学大学院で制御アルゴリズムを研究。現役メーカーエンジニア
特技は料理、英語、プログラミング
常にどんなネタでブログを書こうか考えており、それが精神的にリラックスできるのだと本人は言う。